2004年12月31日

紅白鑑賞中

紅白を鑑賞中である。
K−1とかプライドとかは痛そうやし、まさかドラえもんじゃないでしょ?
細木数子もねえ、という消去法から紅白なのではなく、
昔から大晦日は紅白である。紅白が終わったら、ゆく年くる年である。
これぞ伝統的な日本人の正しい大晦日の過ごし方である。

オープニングの上戸彩(歌を歌う姿始めてみたぞ)から始まり、
ジョン健ヌッツォ(無茶入力が難しい・・・)なんかを経て
現在EXILEまで来た。EXILEって動物園から飛び出してきたオッサンが
ワカモンを引き連れてるとは聞いていて、初めて見たが確かにオッサンや。
モーニング娘になっちがいないことも、加護ちゃん辻ちゃんが別働隊にいることも
今日初めて知った。

まだまだ驚きがありそうやな。
昔みたいにやってないせいもあるが、普段歌番組なんて殆ど見ないんで、
紅白ってなんか楽しい。
posted by カルロスケンジ at 20:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

年末なのに(柏原よしえみたいなタイトル)

例年の反省に従い、早々に年賀状も出した。
大掃除も一部を残し大体終わった。綺麗になったとはとても思えんが、それはそれ。
それから2005年のカレンダーも貼った。
寝正月を過ごすための酒も買った。ビールも買った。つまみも。
年末ならではの特番も見てる。

なのに、年末だなぁって実感が今一無い。
昔はケレスマス前から大晦日にかけて、ガンガンに盛り上がってきて
年を越すとともに少し力が抜けた静かな幸福感みたいなのがあった。
何て言うのかなぁ、なんかこうその季節を楽しむって言うの?
一年を掛けてのメリハリってのがすごくあって、
年末年始というのはその究極の時期やったんよね、オレの中では。
それが今となっては・・・

年食ったせいってのも勿論でかいと思うけど、
社会っていうか、街全体に季節感が無くなって来てんじゃないかなぁって思う。
オレの子供の頃って正月なんて開いている店なんか一切無くて、
お年玉貰っても何かを買いに行くことすら出来ず、
自分の家にいてもすることが無いから、
凧揚げしたり、駒まわししたり、カルタしたり
こう書くと笑ってしまうような正月ならではの遊びしてたもんね。

それより大体の正月はばあちゃん家に行って、そこには従兄弟達が集まっていて、
彼らとトランプやボードゲームやって、そこに親戚の中には必ず一人はいる
おもろいおっさんが酔っ払って乱入してきて、子供相手に本気で七並べなんかして
それが強いのなんのって。

今の子供達ってばあちゃん家に行っても少子化の影響で
従兄弟なんてちょっとしかいないもんねえ。
オレん時はどっちのばあちゃん家に行っても従兄弟は10人はいたから楽しかった。

あの頃は良かったじゃないけど、色々と変わってきているのは事実。


BGM:THE DREAM OF BLUE TURTLES/STING
posted by カルロスケンジ at 09:39| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

ケレスマス

毛唐の狂乱の祭り、ケレスマスも終わり、
年末真っ盛り(こんな日本語があるのか?)だ。

今年のケレスマスはイブが金曜日、本番が土曜日という
盛り上がりたい派には堪えられない日程だっただろう。
さぞかし、盛大に愛が語られたりしたのだろう。
そして彼奴等の胃袋を満たすために、陰ではニワトリの大虐殺が今年も行われたに違いない。
そんな中、うちは高騰するニワトリを避け、イブは豚を貪り食った。
そして、当日は夜九時にスーパーに買い物に行き、
残り物叩き売りの鳥を喰らい、微力ながら大虐殺に加担した。

こんな書き方をすると、
カルロスさんってケレスマスが嫌いなのね、
さては毎年ケレスマスが来るたびに寂しい思いしかしたことが無いから
楽しそうにしているアベックなんかを見ると、逆恨みしてしまうのよ、
もてない男のヒガミだわ、いやーねー!と
思われてしまいそうであるが、そんなことは決してなく、
毎年ケレスマスは忙しかったぞ。
学生の頃はバブル真っ最中、デート本、ハウツー本真っ盛り、
ソアラやシルビアなんかに乗って、おしゃれなレストランや、
夜景の見えるバーなんかに行き、シティホテルに泊まる
そんなのが言わば当たり前だった。
やっぱり年に一度のケレスマスだもん、それくらい気合入れなきゃ!
彼女の喜んでくれる顔が見たいしね!
そこでオレはその流れに乗っかり、有名ブランドのプレゼントを買い、
最新のスポーツカーに乗って、超おしゃれな店を予約し・・・

って出来るかい!そんなもん!

あの頃のデート本ってのは金があることを前提にしてあって、
貧乏人は必死にバイトしてその金を注ぎ込んでデート一回がやっとという感じであった。
あほらしくてオレはそんなことはとても出来なかったが、
金は無くてもそれなりに楽しくやってた・・・はず・・・だが・・・
あれ?若かった頃どんなケレスマス過ごしてたか、ほとんど思いだせんな。
逆に、会社に入って二年目だか三年目のケレスマスイブに
課長と二人で炉端で焼き鳥つついてたのは忘れもせんが。
安くて美味しくて結構流行っている店だったが、あの日はさすがにガラガラやった。

メンバーが皆仏教徒だからと言う訳ではなく、
単純にキショイと思われるのが落ちだからという理由で、
AnySingではケレスマス会はやらずに、
そのかわり昨日暴燃会を繰り広げてまいりました。

BGM:EASY BUSY/ゴンチチ

posted by カルロスケンジ at 22:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

どうでも良い話

いつに増してどうでもいい話なのだが、
今日酒を飲んでいる時にふと気づいた。

沢田研二の「時の過ぎ行くままに」と
かぐや姫の「神田川」の
歌い出しは似ている。
歌詞はともかく、メロディはそっくり。
リズムは違うが

あなたはすっかり疲れてしまい・・・
あなたはもう忘れたかしら・・・

ね!

こんな年の瀬に、相当どうでも良い話でした。
posted by カルロスケンジ at 00:13| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

こんなところに・・・

今年の二月頃であろうか?
ある人からCDを貰った。
その人のかなりお気に入りの物で、是非聴いてということでくれた物だ。
その人は当然同じ物を持っているのだが、最近見当たらないということで、
そのうちダビングしてと言われていた。

が、しかし暫くして家でそのCDを聴こうとすると何故かそれが見当たらない。
ダビングはまだ?なんて言われても、
あーごめん忘れてた、今度するわー
なんて適当に逃げながらも、そのうち出てくるやろー、部屋散らかってるしー
なんて思っていたが、いつまで経っても出てくる気配が無い。
いい加減観念して同じ物を買いに行くか、何て思ってるうちに
気がつけばその人と会う事も無くなった。
ま、いっか。でもいいアルバムやったから、そのうち自分で買おうなんて
呑気に思っていた今日この頃。

12月も後半になってきているのに全然寒くならない。
今日ようやく、今年初めて革のコートを出して着た。
そのポケットに薄い固形物発見。
あ・・・

BGM:BALLDS/JOHN COLTRANE QUARTET
posted by カルロスケンジ at 01:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻水

朝起きたら風邪を引いていた。
熱も無いし、頭も喉もお腹も問題なし。
ただ鼻水が止まらなくなっていただけだ。
別にどうって事無いはずだったのが、時間とともに体力は激減していく。

鼻で息が出来ないから気がつけば口で呼吸。
その上、垂れてくる鼻水を放置しておくと
人間としての威厳に係るから常時鼻をすすっている。
必然的に普段の倍、スーハースーハーしなければならない。
その内息が上がり、気がつけば酸欠気味になっている。
たまに鼻水を飲みこんでは咽る。
しょうがないから鼻をかむと耳にツーんと来る。
ただでさえ無い集中力が皆無になる。。
だらしなく口を開いた間抜け顔になる。。。

今年の風邪は鼻から来て、喉に来て咳が出るとのことで
今はその第一段階らしい。
早めに治す必要がある。
無理をしないでおとなしく休むのが一番だ。
そう思い、無理をしないで仕事はさっさとやめて帰ってきた。
そして禁酒など無理なこともしないで、いつも通り酒を喰らった。
これから無理をしないで惰眠を貪る予定だ。
明日も無理をしないで休みたいな。

普段健康だとなかなか気付かないが、
やっぱり健康が一番。

BGM:LIVE 2001/JOURNEY(DVD)
posted by カルロスケンジ at 00:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

いい恥

先日車で遊びに出たときに、帰りに返しに行こうと
ツタヤで借りたCDを持って家を出た。

そうだ、寝てる間に録ったからまだ聴いていないし、
これ聴いていこうとカーステの中のCDを一枚抜き、
ウルフルズを入れ、聴きながら出掛けた。
そして帰りにツタヤでCDを返し、家に帰ったところにTEL。
出るとツタヤからであった。
「ウルフルズのCDケースの中に、おそらくお客様の別のCDが入っております」

しまった!
さっき抜いたCDの置き場に困り、ウルフルズのケースに入れ、
そのまま返却してしまったのだった。
さっそく翌日ツタヤに行き、事情を説明する。
よくある話なのか、専用の引き出しみたいな場所があり、
会員カードを渡すと、物の20秒ほどでそれは目の前に現れた。
バイト君はよく教育されており、恐らくマニュアルどおりなのであろう、
よく透る大きな声で、
「森高千里の森高ランド!これで宜しかったでしょうか?」

しまった!そんな物が入っていたのか!
そう言えば、以前に偶々見かけたフリマで¥100で買ったのだった。
僕が大学の時異常に流行っていて、ミニスカ、美脚で踊りまくる
森高の「ストレス」や「ミーハー」などのビデオが
ボーリング場でガンガンに流れていたり、
無料で森高のライブを見る機会が2度もあったりし、
その懐かしさから買ったは良い物の、フリマからの帰りの車で
「ナツカシー!」なんて絶叫しながら一度聴いただけで、
そんな物の存在すら忘れていた。
こんなところで再会するとは!

狼狽する僕に気づかぬか、再び
「森高千里の森高ランド!これで宜しかったでしょうか?」

それでええっちゅうねん!
はよ寄こせ!

いい恥掻かせてもらいましたよ。。。

BGM:森高ランド/森高千里
posted by カルロスケンジ at 01:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

ラヂオ

仕事柄車に乗ることが多く、乗っている間は暇だからと言って
鼻毛抜いたり、ケツ掻いたりしているだけではなく、
ラヂオを聴いていることが多いのだが、
コメディアン崩れが喋り倒してばかりいるAMは
それしか入らない田舎以外では聴く気にもならず、もっぱらFMだ。
FMとは言っても演歌やクラシックを延々続けているNHKFMや、
くだらないアイドルなんかを流しているFM大阪は小ばかにして
FM802ばかりを聴いていた。
ここは喋りは少なく、アイドル系や小室系は絶対に掛けないという、拘りのある局だ。
今はどこでもやっているヘビーローテーションなる物を日本で初めてやったのも、
バンパーステッカーなる物を始めたのも実は802だ。
ずっと贔屓にしていたのだが、最近僕の嫌いな日本のラップを多く掛けるようになってきた。
格好つけて「HEY! YO!」なんて言いながら、
歌詞をよくよく聴くとフォーク臭い説教節だったりするから嫌いなのだが
そんなことは今はどうでもいい。

そんなある日、リップスライムなんかが802から流れてきた時、
反射的にチャンネルを適当に変えたところ、ブライアンアダムスが流れてきた。
お!良いの掛かってるやん?なんて思い聴いていると、クイーン、シェリルクロウと続き、
最初はリップが終わった頃に802に戻そうと思っていたのが、戻すに戻せなくなってしまった。
何なのだ、ここは!と思い、次の日からはこのラヂオが僕の中でレギュラーになってしまった。
その名をFMCO.CO.LO(76.5)と言う。
しかし、もちろん一日中こんな調子な訳ではなく、
15:00〜18:00のRADIO CITYなる番組が僕のお気に入りだ。
この番組は何故か似たような曲を延々続けて掛けるという特徴がある。
普通は飽きないようにロックを掛けたら次はレゲエ、
その次はMCを入れてバラード、と言う風に続いていくのだが、
ここは一旦ハードロックが掛かると5曲ほどはMCも無しにメドレーでハードロックを掛け続ける。
しかも、ボンジョビやエアロスミスなどのメジャーな物だけではなく、
これまで確認した中では、AC/DC、ブラックサバス、ゲイリームーア、
オジーオズボーン、サンタナ、UFOなんていう、
他局ではまず聞けない曲のオンパレードなのである。

ハードロックを聴いて育ってきた身にとっては、
これらが掛かると次は何が来るかが気になって仕方がない。
目的地についても、APOの時間が迫っていても車を降りられないという、
非常に大きな問題があるのが現在の悩みである。


BGM:ベストセレクション/八神純子
posted by カルロスケンジ at 23:26| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月08日

命名

友人のミュージシャン某ジ○君は
自分のギター一本一本に名前をつけているらしい。
「親父」とか何とかしょーも無い名前ばかり付けていたが、
何故にギターに名前をつけるのか訊いたところ、
「名前をつけると愛着が湧くやろ?」と
手持ちのギターを売っては新しいギターを買う、を繰り返す
氏はさらりと言ってのけた。

なるほど、名前をつけると愛着が湧くのか。
説得力ありありの彼に習い、持ち物に名前をつけることにするか?
そう言えば、僕は車には「かもめちゃん」という名前がつけているが
他に名前のついている持ち物は無い。

で、最近バイクを買い換えたので名前をつけることにした。
100CCくらいでとにかく安い物を探してくれと掘り出し物のスクーターを探していた。
その新しいのには名前をつけてやろう。
七万円で見つかれば「ナナ」、
八万円なら「ハチ」。
一万円安いと可愛らしいが、一万円高いとそれだけでかなり
おっさんくさくなるのが気になるが、まあそれは良しとして・・・
しかし、ふたを開けてみると車体価格が約七万円、総額で約八万円。
はて、名前は「ナナ」? 「ハチ」? ん???

ええーい、めんどくさい!七と八を掛けて五十六じゃ!
命名「五十六(いそろく)」じゃい!
どや?格好ええやろ?
連合艦隊司令長官、海軍大将と同じ名前だ。
めっちゃ強そうや!

いそろくは今日もその辺のスクーターをぶっちぎって快調でした!


BGM:LET IT BE NAKED/BEATLES




posted by カルロスケンジ at 23:29| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

女子高生

お前実は女子高生好きなんちゃうん?という誤解を恐れつつも
三日連続の女子高生ネタで行こうと思う。
先に言っておくが、はっきり言って女子高生は好きではない。
どちらかと言うと嫌いだ。
それは僕が高校生の時に、女子高校生に相手にされなかったからでもなく、
おじさんになった今、うぜえジジイ死ねといわれた訳でもなく、
そんな逆恨みから言うわけでは当然なく、
単純に女子高校生を初めとする今の若い女子が可愛くないからなのである。
確かに見てくれ的に可愛いものはいくらでもいる。
でも声を聴いた瞬間幻滅することが多い。

声が低いのだ。

僕が高校生だった当時の女子高校生というのは、
俗に言う黄色い声だった。要は可愛らしいキャピってる高い声ね。
なのに、今の女子は全体的に声が低い。
何故なのだろうと、ここ最近の僕は考えた。忙しいのに。
そして一つの結論に至った。
これはあくまで一つの答えであり、全てではないと思うが絶対に外れではないと思う。

浜崎あゆみ。
これだ。

僕らの世代の女の子というのは、キャンディーズ、ピンクレディ、
松田聖子などを見て大きくなった。
キョンキョン、菊池桃子、河合奈保子、おにゃんこクラブ、森高千里・・・
誰を見てもみんな声は高くて可愛らしく、元気はつらつ、ハキハキと喋った。
山口百恵、中森明菜など低い声の人もいたが、彼女らのファンは
どちらかと言えば、時の大人達であり、大多数の子供があこがれる存在ではなかった。

それに対して浜崎あゆみはどうだ?
歌はそれなりに巧いし、高い声も出る。
なのに、喋り出した途端、低いべたべた声でダラダラダラダラ・・・

時のアイドルのブリッコぶりもどうかとは思うが、
女の子、特に若い子は可愛い方が良いに決まっている。
声もある程度は高くて可愛い方がいい。
低〜いべたべた声で「あゆ、ショック〜」なんて言われても
可愛くもなんとも無い。目の前にいたら間違いなく蹴り飛ばす。
影響力がある存在としての自覚を持ってほしい物だ。
6頭身なのに、8頭身に写真を細工したりしないで欲しい。
話がそれた。そんなことはどうでも良い。
もうちと高い声で喋らんかいっちゅうねん。

こんな事をここで書いても浜崎あゆみは勿論、女子コーセーも
誰一人として読むことは無いだろうが。。。

空しくなるけどえーねん。ボーナス出たし。いえーい!
って余計空しくなるわ。




posted by カルロスケンジ at 01:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

女子高生

二日連続で女子高生ネタじゃ!
覚悟しやがれ!

先日行った横浜で改めて思った。
横浜の女子高生のスカートは短い。
大阪でも昔に較べりゃ相当短くなっているが、その比ではない。
10数年前、初めて横浜で住んだ時、駅の階段で何気に上を見たとき、
視界に入ってきたのは、女子高生のパンツパンツパンツ・・・
何じゃこりゃ!
衝撃的な景色でした。

今はその頃よりも遥かに短くなってきており、
膝上何センチではなくて、股下何センチの世界だ。
ほとんどワカメちゃん状態である。
さすがに女子高生自身もパンツを一般公開しながら街を歩くことを
問題視したのか、それとも寒くて腹を下すせいか、スパッツなんかを履いているが、
スカートよりもそのスパッツのほうが長いもんだから、
常にスパッツの裾がだらしなく覗いている。

確かに制服のスカートって中途半端に長くて可愛くない。
改造してミニにしたくなる気持ちは解かるし、僕もミニスカートは嫌いではない。
だが、しかし短けりゃいいってもんじゃないやん?
こんな腹巻みたいな布切れが可愛いんか?

言わせてもらう。
お前らノーパン喫茶嬢か?

BGM:イノセントマン/ビリージョエル
posted by カルロスケンジ at 00:13| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

納豆ご飯クレープ?

京都の女子高生の間で
納豆ご飯クレープが大ブレークしているらしい。
女子高生から始まる流行って今や当たり前だが、
これもそうなるのであろうか?

個人的には納豆ご飯がクレープに入っているって
どう考えても考えられない。
炭水化物+炭水化物が許せないのではない。
焼きそばパンや、ラーメンライス、お好み焼き定食なんて
どれも全くNO PROBREMだ。
納豆もクレープも嫌いではない。もちろんご飯も。

では、一体なんなのだろうか?
巧く説明が出来ないが、しかし納豆ご飯クレープは
容認するわけにはいかん。

昔から、年取っても
「最近の若いもんは・・・」は絶対に言わないつもりでいたが、
黙っておれんのだ!
posted by カルロスケンジ at 22:55| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。