2005年03月19日

卒業式

今日、吹田市の小学校は卒業式だった。
朝から、どこのお坊ちゃん?というような男の子や、
あっぱれさんま大先生に出ているような格好の女の子が街中をウロウロしていた。

オレらの時、小学校の卒業式ってそんなに気合入れたっけ?
昔のアルバムを見てみたが、オレのそれはアディダスのトレーナーであった。
確かにその当時アディダスのトレーナーってのは中々の高級品だったのかも知れんが
あのお坊ちゃまルックからすると相当貧弱だ。貧乏くさい。

そして今日の我がランチ。
いつものようにドカタ率、塩度、油度、全てにおいてかなり高ポイントの
中華屋に行くと、いつもは絶対にいない集団がいた。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんとお坊ちゃまの五人組が
ラーメン、チャーハン、餃子なんかを喰らっていたのであった。
当然、皆よそ行きスーツ着用、お坊ちゃまもブレザー、スラックス、胸には誇らしげな薔薇の花が誇らしげに恥ずかしげもなく輝いている。

オレ等のシマに入って来んな等と了見の狭い事を言うつもりは毛頭ないが、
そんな超よそ行きの格好するなら、それなりのところに連れて行ってあげれば?と
余計な気を使ってしまったのでした。

BGM:卒業写真/荒井由美 うそ
posted by カルロスケンジ at 02:10| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

病は気から

風邪、インフルエンザが大流行だ。
会社でも毎日毎日誰か複数人が休んでおり、
ただでさえ忙しいのに大変だ。
オレもインフルエンザにでも掛かって堂々と会社を休みたいと思っていた矢先、
とうとう昨日オレにもやってきた。
身体の節々が痛い。寒い。悪寒が走る。
これはどう見ても風邪の前兆だ。
よし!これで会社を休める。運良くインフルエンザだったりしたら数日休めるやも知れん。
そんな事を考えつつ、ニヤニヤしながら眠りについた。

そして今朝、張り切って起床。
おや?身体が軽い。
熱を測ってみる。36.2度?
なんで?

会社を休む理由もなくなってしまい、しぶしぶ出勤。
働きながら考えてみるに、
身体の節々が痛いのはスキー&引越し手伝いの筋肉痛、
悪寒が走るのは3月とは思えない小雪舞い散る寒さのせいなのでした。
ちゃんちゃん

そして今日の午後。
みぞおちの左あたりが痙攣する。
腹の中に虫がいるような感覚だ。
一緒に行動していた先輩も同じ事を言っている。
昼に食ったカキフライに当ったのでは?
よし、これで明日は食中毒で休めるぞ!


posted by カルロスケンジ at 07:53| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

スキー4

久々の日記である。
先週は月から金まで仕事に弄ばれ、昨日はスキー、そして今日は筋肉痛の身体を引きずって友達の引越しの手伝いや。
ハードな日々が続くが、筋肉痛の後は身体を動かすに限る。そのほうが早く筋肉痛退くしね。
今は煙草に火を点けようとしたライターも持てずに落とすくらいやけど・・・

訳分からん仕事や引越しの話はさておき、今日はマイブーム、スキーの話だ。
二連敗したセレッソ(くぅっ!)もこの際こっち(どっち?)に置いておく。

昨日は奥伊吹に行ってまいりました。
何故に奥伊吹?それは単純に近くて良さげだったからです。
先述の仕事のために金曜の晩から出かける気力もなく、しっかりと睡眠をとってから出かけるとすると
岐阜や兵庫はちと遠く、滋賀の中でも琵琶湖バレーあたりじゃあまりにツマラナソウやしなぁと
得意の消去法で決めました。
初めて行ったんだが、これが大当たり。ゴッツイ楽しかった。
リフトが古い遅い、レストランが少ない狭い、トイレがボットンしかもコースの中程にぽつんとあって気味が悪い、
など設備面での問題は大有りだったが、コースは結構いいよ。
前回のウイングヒルズなんかより全然楽しい。
モーグル用に特別にこさえられたデカデカコブではなく、自然に出来たコブ、人の少ない丁度いいくらいの急斜面。
降り続けた雪(8時間くらいで車の上に20cm以上積もった!おかげで春スキーのつもりで行ったのにまたまたチェーン付けた)
によるコンディションのせいもあるだろうけど、マジなかなか良いコースだと思いました。

それから、やっぱり前回は久しぶりすぎて慣れるのに精一杯だったのでしょう、
カービングスキーが良いのか悪いのかさっぱり分からんかったが、今回はその差がハッキリ分かった。
何も考えんでも軽く振ってやるだけでキュンキュン回る。
フラダンス踊るくらいの気持ちでウェーデルンが出来てしまう。
きっと旨くなった様な気がしますよ、と言っていたスキー屋の兄ちゃんの言葉がやっと分かった。
こうなるとこっちの物でコブだろうが新雪だろうが楽しくて仕方が無い。
あぁ、また行きたい!と思っても今年は予算的にも日程的にももう無理だ。
来年は完全復活を遂げます!

エニシングも冬の間は活動をしない、言わばチューブみたいなバンドにしてやります。
まあ、今は夏冬問わず停滞していますが・・・
posted by カルロスケンジ at 23:11| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

いざ開幕!

今年もJリーグが始まった。
我がセレッソの開幕戦は明日、神戸ウイングでのビッセル戦だが、
今日は万博でガンバ、アルディージャ戦を吹田市民は無料招待だっちゅうので見に行った。
やはり日本代表を3人も抱えるガンバは強く、今期からJ1に上がったばかりの大宮など相手にもせずに
早いプレスとパスワークからキックオフから殆どワンサイドゲームになった。
しかし幾ら押されていても一瞬の隙から点が取れてしまうのがサッカー。
終わってみれば0-2で大宮アルディージャの完勝!

上述のとおり吹田市民無料ご招待だったのでスタジアムは殆ど吹田市民で埋めつくされ、
招待だけに(?)皆ガンバを応援していた。
もっと言えば、時の人大黒と宮本コール一色であった。
しかしセレサポのオレとしては流れに乗ってガンバの応援などする訳にはいかん。
大黒も宮本もいい選手だが、所詮は敵である。
最終的にセレッソ優勝、ガンバ準優勝であれば、それはそれで素晴らしいのだが、そんな簡単にもいかないので
まずは目の上のたんこぶであるガンバは潰さねばならぬ。

ガンバ負けろ、ガンバ負けろ

周囲を気にし、気を送るだけにとどめていたつもりだったが、ついついガンバの失点シーンで
「オッシャー」などと立ち上がってしまい、居心地の悪い思いを二度ほど体験した本日の万博競技場であった。

何はともあれ、明日のビッセル戦に勝たねば意味がありません。

ダンダンダダダン、セレッソ大阪!!

BGM:Jackson vibe
posted by カルロスケンジ at 23:07| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

方言

横浜から来た出張者が言った。
「大阪ではヒレカツの事をヘレカツって言うの?」

確かにそう言うね。
でも、ヒレカツもヘレカツも一緒。
気にした事もなかった。

方言って、そこに住む人はそれが方言だと言う事に気付かない物である。

そう言えば、きつねうどんの事をけつねうどんという店もある。
大阪人の僕からしても、これは流石に違和感を覚える。
posted by カルロスケンジ at 01:59| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。