2006年05月29日

アリエヘン話題

プライバシーを尊重してイニシャルトークになりますが
某ロックバンド「エ○シング」の打楽器担当ギ○ロー君の話題。

氏は仕事中でも飲み会中でもバンドの練習中でも、とにかく四六時中、
携帯無しでは生きていけない体質である。
常に携帯片手に人生を送っている、そんな彼の今月の携帯電話の請求書明細。


060529_2209~01.JPG


パケット代19万円って一体何やねん!

幾ら仕事中だろうがメールの返事は5分以内がモットーだからと言って、
幾ら腐れカルロス日記のコメンターのレギュラーだからと言って、
幾ら居酒屋エニシングの実質店長だからと言って、
幾らパソコンが無いから何でも携帯で済ませるからと言って、
幾ら夜のお友達も携帯で仕込むからと言って、
幾らこれ凄いやろう?って言いつつアハンウフンって動画をオレ等に見せてくれるからと言って、
幾らなんでも19万円はないんちゃうか?
幾ら定額制で4千円しか払ってないからと言って、19万円は無いやろー
アリエヘン

ドラムが無くても生きていけるが携帯無しでは生きていけないと思われる
ギジ○ー君でした。
かく言う私もベース無しでも死にませんが、酒無しで生きていける自信はありませんが

posted by カルロスケンジ at 23:42| 大阪 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

健康体

唯一にして最大の自慢がオレにはあり、それは身体が健康な事だ。
楽チンで高収入、非常に美味しいと世間で評判の健康食品、薬品のモニターのバイトも
健康すぎる肉体が理由で不採用になってしまったくらいだ。

二年前に初めて人間ドックを受けた時も、タバコは吸う酒は飲む食生活は不規則と言う暮らしの中で
どんな結果が出てくるか楽しみなどころか、即日入院にも対応できるくらい
身辺整理までして挑んだにも係わらず、其の判定は至って健康優良児、
強いて問題をあげればコレステロール値が何と基準値を下回っていると言うくらいで、
問診の中で「もっと良い物を食べさせてもらいなさい」等と屈辱的な言葉を浴びせかけられ、
まだこんな大阪の片隅に戦後は続いていたのかと昭和を振り返ったりもした物だ。

昨年の人間ドックの際には舐められちゃいけねえとの思いから、前日には
「軽めの食事を九時までに済ませてください。飲酒はお控え下さい」などと生意気にも人に指図しくさる、
注意書きの文言を無視し十二時くらいまで串カツを喰らいながら酒を飲み続け、
その結果コレステロールも標準値をマークし、全項目において異常を認めない、
言うなればパーフェクトバディーを手に入れたのであった。
そして今年の検診だが、幾ら昨年エビちゃん並のパーフェクトバディを手に入れたからといって油断は禁物である。
一年も経つとどんな変化があるか、今や加速度的に変化を遂げる時代である。
そこでオレはこの数週間、昼飯にはカップラーメンしかもスープまで完食、揚げ物を率先して摂取、
魚を極力避け肉、等のキャンペーンを張って本日、検診の日を迎えたのであった。

しかしそんな努力の甲斐も空しく、何と言う事か本日の検診の結果では再び、
低コレステロールとの烙印を押されてしまったのである。
しかし結果は結果、ここで落ち込んでいても仕方が無い。
それは受け入れるしかないのであって、勇気を出して婦長さんへ前向きに質問をしてみたのである。
「コレステロールが低いってのは何か問題があるのですか?」
「当然高いよりは良いのですが、コレステロールが足らないと脳に栄養が回らなくなる可能性があります」

ナンダ、ソウイウコトダッタノカァ!

身体は健康体だが、頭は不健康体であることが本日判明しました。

BGM:MUSICMAN SHIP/コブクロ
posted by カルロスケンジ at 23:51| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

アコースティックな一日

全然宣伝をしておりませんでしたが、実は昨日ちょっとしたライブを敢行して参りました。
AnySingのライブに初期から何度と無く来て頂いており、かつ一緒にバンドをしたこともある(詳細はこちら
でぶでぶさんの結婚記念パーチー、つまり彼女の音楽仲間が寄ってたかって生演奏を繰り広げると言う場に
我がAnySingも御呼ばれを頂き、糞味噌な生演奏を垂れ流してきたのでした。
(しかも何故かギジローと共に司会などと言う大役も仰せつかってしまったのでした)

他の出演者達のステージも良かったし、身内ばかりの、というか身内しかいないと言う、
場の特殊性からか羽目を外してしまう輩も多く、非常に笑わせていただきまいた。
それよりも何よりも、でぶでぶさんの旦那である虎キチさんは初めてお会いしたのだが、
とても個性的な面白い人であり、お二人には幸せになって欲しいし
結論から言うと何だかんだと非常に楽しいイベントなのでした。

あれだけ多くの出演者がいるとなれば、誰かがイベントの詳報はしてくれるであろう事を期待して、
また、昨日あれだけ飲んだくれたのに飽きもせず今日も飲み続けており、
詳報を書けるであろう自信が無いためもあり、この場では自分のことだけを語ってやろうと思います。

と、長い序章でしたが、、、

以前から何度か話題にしたことがある新アコースティックバンドの初ステージを
実は昨日恥ずかしげも無く白日の下にしてしまいました。イベントの初っ端を務めた
「ビジュアル系シンガーソングライター」MumRueの弾き語りの場にスペシャルゲストとして、
キーボードにタカミーに似ているともっぱら評判のユッコことHoney You、
そしてベースボーカルに私カルロスケンジが乱入したのですが、これが実はこれまで温めてきたアコバンドなのでした。
実はパーカッショニストの参加も内定しており、今後軌道に乗っていき、今年から来年に掛けて、
ちゃんとした形で皆様の前に披露できるかもしれません。
請うご期待!である。

しかし、このバンドを続けていく上で心配な事が一つあり、それは何かと言えば、
MumRueはビジュアル系、Honey Youはタカミーと言う肩書きが付いているくらいの
つまり美形な二人と一緒にステージに立つと、それに輪を掛けて美形なオレがそこにいると
バランスが取れないのではないかと思われるのである。
例えばたのきんトリオのよっちゃん、しぶがき隊のふっくん、も一つついでに言えば
Cha-Chaのめがね(名前知らん)のような引立て役がグループには必要なのであって、
酔っ払いつつも、あっ、実はそのバランサーとしての立場がオレなのかと気付いた瞬間、
愕然として悪酔いしそうになっているのである。

次にAnySingもこのイベントで生演奏をしたのであるが、前回(3月の茨木ジャックライオン)のライブに引き続き
ギタリストにタキーを迎えてのライブだったのだが、タキーとのステージは実は今回がラストだったのである。
つまり次からは早弾きのヤスが戻ってくる事になっており、当然喜ばしい事ではあるのだが、
タキーとの別れもそれはそれで非常に悲しいものがあるのである。
「何言うてますのん!またライブの時には見に行きますやん」と氏は永遠の別れでは無い旨を言うのだが、
これまで加入前、何度と無くライブの案内をしつつもドタキャンを続けた氏の事である。
これが永遠の別れになる可能性も日本がワールドカップで予選を突破できるのと同じくらいは少なくともあるのである。

それはそれとして、今回のニュースとしてAnySing史上初めてアンプラグドセットに挑戦したのでした。
つまりエレキギターを使わない、クラプトンが流行らせたあれである。
エレキをアコギに持ち替えるだけではなく、それによりアレンジも変えねばならんし、
当然弾き方、力の入れ方も変わってくるのだが、パワーヒッターであるドラマーギジローには
これは非常に辛い要求であったらしく、無理やりスティックをブラシに持ち替えさせたはいいが、
ついついブラシを目一杯振ってしまい、元の木阿弥どころか、新品に近いそのブラシを全損させると言う
武勇伝まで生み出してしまったのである。でんでん
posted by カルロスケンジ at 00:07| 大阪 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

整理整頓

世の中で苦手な事があるとすれば、其の筆頭には字を書くことが挙げられる。
ボールペンシル、シャープペンシル、サインペンシル、筆ペンシル、鉛筆、万年筆等など・・・
字を書くために存在するであろうそれらを持つと、摩訶不思議、手が痙攣を始めると言う特異体質なのだから仕方が無い。
其の事を人に話すと、アル中だと面白おかしく囃し立てられるのであるが、さにあらず。
箸を持っても手は震えることはないし、今のところオレは真性のアル中ではないはずだ、きっと。

その次に苦手な事があるとすれば、それは整理整頓である。
会社には60人ぐらいの人が机を与えられて、皆が揃いも揃って下らない仕事をこなしているのであるが、
日々忙しく業務をこなしていると、大なり小なり机の周りは書類であったり、その他諸々の物で溢れてきて、
どこかの段階で、こりゃいかんとファイルや書棚にそれらしく収納したり、
判子を突いて誰かに押し付けるが如く回してしまったり、
それもまかりならんならば、護美箱に廃棄したりして、
大抵の人は身の回りをそれなりに美しく保全しているようだ。
整理整頓が出来ないと言うのは、それらが出来ないと言う事で、
即ち、オレの机の上やその周りには書類だかゴミだか何だか判別の付かない物で溢れ返っているのであって、
それは60人の中で群を抜いていること確実なのである。
自慢ではないが、自信を持って言える事実には違いない。
しかし残念ながら、書類や物があふれているイコール仕事をそれだけやっている証拠と見なしてくれる様な
好都合な阿呆な上司はおらず、
今や整理整頓の出来ない奴イコール仕事の出来ない奴と見なすのが世の中の趨勢であり、
オレはもしかして仕事の出来ない奴との烙印を早々に頂いてしまっているのかも知れん。
それはそれで仕方が無いのであるが、積み上げられた書類が同僚の机に雪崩を起こしたり、
違法に通路をふさいでいるガラクタの横を人が通るたびに聞こえる舌打ちが最近増えてきたような気がしてきたので、
本日、大型連休の一日を海外旅行を断念し、会社の机周りの整理に当ててみたのでした。

貧乏性、小心者、その他諸々の体質のせいで物を捨てるのが元々下手糞なのであるが、
今回は思い切って色々と捨てまくってやったのであるが、結果として山と詰まれた書類の中で
即断で護美箱行きの物がやはり過半数を占め、85%はあった。
これは残しておかねばと、何かしらのファイルに納まったものが12%。
そしてこれが実に恐ろしいのだが残りの3%というのが、
何でこんな所にあるの?処理されてないんか?大丈夫なんか?やばいんちゃうん?いや、これは適切に処理されているのだがきっとコピーが残っているだけなのだ、
と自分に言い聞かせなくてはならないような重要種類であって、大型連休で誰も周りにいないのをいい事に
何事も無かったかのようシュレッダーに掛けて、ミンチにしてやったのでした。

それにしてもあれだけの物を抱え込んだままで何事も起こさずに巧くやってきたオレって実は凄いのかな?
と大いなる勘違いをして酒をしこたま飲んで今日も惰眠を貪る事にします。

BGM:the best of・volume two/UB40
posted by カルロスケンジ at 01:47| 大阪 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。