2006年10月21日

ストレス

ストレスが地球を駄目にする
ストレスが女を駄目にする

とはオレと同年月日に生を授かった森T千Sの曲のワンフレーズだが
女だけではなく、ストレスは男も駄目にするのであった。

仕事でストレスが溜まり、気が付けばこんな顔になってしまいました

061010_0849~0001-0001.jpg
posted by カルロスケンジ at 01:58| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ライター

KENTに新たに3mgのエクストラ3と言うのが新発売になった。
新発売の時ってのはライタープレゼントなどのキャンペーンをやることが多く
何とタバコ一個にライター一個がついてくる特別パッケージが出ていた。
しかも使い捨てライターではなくガスを補充できるちょっと格好いい奴だ。
しかも人間工学に著しく反している極めて使いにくい。

061015_1103~0001.jpg



これが会社近くのローソンと駅前のローソンで売っていたものだから
ついつい毎日のように買っていたところこんなに貯まってしまいました。

061015_1105~0001.jpg



この中に親分的な奴がいるのわかるかな?
今回のキャンペーンはコンビニごとに違っていた模様で、ファミリーマートでは2ケパックで妙にでかいライターが付いてくるのでした

061015_1104~0001.jpg
(右側がローソンで左側のガタイのでかいのがファミリーマート)


ガスの補充が出来るとは言え、もともと余りガスが入っておらず二箱分くらいしかもたない。
今となってはどれが使える奴で、どれがガス欠の物か見分けるのに苦労する日々を送っている




引き続いてもう一つ、ライターのお話。
会社で昼休みタバコ部屋に入ったところ、そこにいた先輩のKさんが
「これあげる」と差し出してきたジッポー

061015_1109~0001.jpg

一体なんですの?
要らんのやったら他の人にあげるけど、
いや要らんって言ってるんじゃなくて何か訳ありっぽいですやん?
なんて話を聞いてみると、今吸ってるこの一本を最後に禁煙を実行する。
もうライターも要らん様になるから、次この部屋に入ってきた奴に上げようと思っていたとのこと。
何や、そういうことでしたら、とりあえず預かっておきますわ、又吸い始めたら返しますわ、と鼻で笑いながら言った所
そんな事は絶対にない、オレの意思は固い、一生返さんでええから大事に使ってくれとのことで
純銀製のジッポーを頂いてしまいました。

BGM:K/クーラシェイカー

posted by カルロスケンジ at 11:44| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

牛丼祭り

牛丼祭りが終った
英語で言うところのビーフボールフェスティバル、
10/1〜5、五日間のフェスタは昨日終焉を迎えた。
実はその五日間でオレは牛丼を3回食った
5打数3安打
打率六割、イチロー以上だ
異常?かも知れんが我ながら良くやった
ブラボー
自分を褒め称えたい
いやいや、そんな固め打ちをせずに済む様牛丼の完全復活を求む
やはり吉牛は美味い
posted by カルロスケンジ at 01:15| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

感動の再会

どれだけこの日を待ちわびたであろうか?
なんと二年半ぶりの再会の日を迎えた。

なにが?って、あれよ、あれ!
YのGですよ。
あぁ、もうわかるでしょ?
とんちんかんなアメリケ人のせいで奪われたささやかな庶民の昼飯、
吉野家の牛丼ですよ!

昨年2月、今年の先月にもそれぞれ一日ずつ再会のチャンスはあったのだが
諸事情でチャンスを逃してしまったオレにとって今日は本当に運命の日であった。
駐車場渋滞で二軒に入りそびれたが、そんな物は計算のうち、
本命の三件目、東大阪の中央大通り高井田店にお昼のピークを過ぎた12時半に到着。
駐車場で5分、入店に10分ほど待ちはしたが、無事潜入に成功。
なにしろ二年半振りである。
声が上ずってしまったのではないか心配であるが、なんとか大盛り汁だくを注文。

かつて長距離恋愛していた時に彼女に久々に会った時の喜び、
当時の彼女には申し訳ないがそんな物の比ではない。
拙いオレの文章力でこの感動を伝えるのは到底無理なので、この辺にしておくが
目の前にかつてと同じ色艶の牛丼がでんと置かれた瞬間、
紅しょうがと七味をわしゃっと振り掛け、割り箸を割るという食前の儀式を執り行っている間、
おもむろにそいつを口に放り込んだ瞬間、
その全てがオレにとっての青春である、
オレにとっての人生である、
そんな大袈裟なテロップが脳裏に浮かぶほどの感動的な瞬間であった。

美味かった。
本当に美味かった。
吉野家の牛丼最高。
アイラブ牛丼!
牛丼フォーエバー!



それにしてもオレの隣に座った、クソオヤジ
「姉ちゃん、カレー」
「今日はカレーはやってないんです・・・」
「あん?じゃあ、何が出来んの?」
「今日は牛丼だけなんです・・・」
「じゃあ、牛丼でええわ」
涙を流しながら牛丼を食っているオレの横で水を差しやがって!
ぶち殺す!

吉牛と並んでのマイソウルフードである天一で、昔紛れ込んできたオヤジが
平気な顔して「中華丼」と頼んで店員を困らせていたのを思い出した。
posted by カルロスケンジ at 00:40| 大阪 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。