2009年06月28日

サムライ

片手にピストル
心に花束
唇に火の酒
背中に人生を


なんて格好いいんだ!


これは故阿久悠先生作詞による沢田研二のサムライの一節だが、
こんな格好良すぎる、いやここまで気障なこんな歌詞を唄えるのは
ロックスタージュリーを除いて他にいない。
カバーならまだしも、オリジナルとしてオレがこんな歌詞を
歌った日には、その瞬間全ての友を失うであろう。



昨晩、家の近くのバーBEZ◎RECORDに深夜までお邪魔してきた。
この店はマスター曰く「ロックバー」なのだそうだが、
オレは認めない。
ここは昭和歌謡バーである。
もっというと、実は日本に一軒しかないという
キャンディーズバーなのである。
店の外装、内装、壁、天井、カウンターの上、トイレの中まで、
キャンディーズのレコードジャケット、ポスター、雑誌の切り抜き、
グッズなどで占められている。
キャンディーズ以外の70〜80年代の昭和歌謡スターのものも
点在していたり、ロックバーだというくらいなので、
洋楽ロックのものも沢山あるのだが、その9割方は
キャンディーズで占められている。

店内で掛っている音楽もそんな感じになるのだが、特筆すべきは
ここのマスターがコレクターであり、70〜80年代の秘蔵ビデオが
山のようにあるのである。
ザ・ベストテンやミュージックフェアなどの録画ビデオであれば、
ユーチューブでもいくらか探すことができるが、そんなモノではなく、
フイルムコンサート用の動画であったり、なんでこんなモノがあるの?
というような、いわゆる流出モノなんかも出てくる。

そんなバーBEZ◎RECORDで昨晩はジュリーデーが行われていたのであった。
デビュー前19歳の時のジュリーに始まり、タイガース時代、
ソロになってからなどなどお涙もののジュリー秘蔵動画を
たっぷりと堪能してきた。

いやあ、ジュリーは格好いい!
日本を代表するロックスターやね!


それにしてもこの店凄いよ!
posted by カルロスケンジ at 18:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

超憂鬱

翼君にとってのボール、宗男にとっての千春(以前使ったことのあるフレーズやなぁ)のように
オレと酒は切っても切れない仲である。

お酒好きなんですか?
なんて訊かれた時には「嗜む程度ですが・・・」なんて日本人っぽく控えめに答えることにしているのだが、
そもそも「嗜む」の意味もよく理解していない。
そんな難しいこと言う前に酒持ってこい!酒や酒や!といった具合である。

なんて、久しぶりの更新で完全に文脈クラッシュしているのだが、これを機会になんとなく考えてみた。
なんでオレは酒が好きなのだろうか?

糞くらえと思いながら続けているシンドイ仕事も、それは美味しい酒を飲むためである。
しんどければしんどいほど、その後に飲む酒は美味しいのである。オレはMか?

日々の生活で張り詰めている心を解きほぐすのに酒は欠かせない。
生きていくうえで悩みであったり、辛いことも噴出するが、それを46時中フルに抱えたままでは身がもたない。
そんなモノを一瞬でも忘れたり、負担感を軽くし、力を抜くためにも酒は良い。
緊張感を解きほぐすことにより、真剣な話し合いをするにも使える。
愛の告白なんて酒の力なしではオレには出来ん。そんな使い方もある。

まあ、何にせよ酒は精神的な意味で前向きに使えるのが良い。
ポジティブに酒は使いたいものである。

そう考えると、あらゆる酒についている名前は聞くだけで楽しくなったり、勇気を持てたり、
感心したりするような、そういう前向きなネーミングがされているべきだ。



一番搾り、いいやんいいやん一番ってのは良いね。

白鶴、これも目出度い感じがあふれ出てるね。

ワイルドターキー、なんか判らんが野生の七面鳥ってか?勇ましそうやし、美味しそう。うん、合格!


PA0_0028.JPG








これあかんやん!
訳すと「超憂鬱」・・・
posted by カルロスケンジ at 01:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

オレはダンサー!踊らされてます!

ババチャリツーリング第二段、今日は港のヨーコヨコハマ横須賀だ、なんて言ったら年がバレてしまいそうだが、その横須賀まで自宅から約25キロかけてやって来た。
朝飯もちゃんと喰って出てきたが、流石に1時間半ババチャリ漕ぎ続けで来たので腹が減った。

横須賀と言えば横須賀海軍カレー、横須賀ネイビーバーガーという2つの名物メニューで有名である。

ふん、しゃらくせー!

横須賀に鬼畜米軍の基地があるからと言って、商工会議所あたりが仕掛けてるんやろ?
金になれば何でもありか?お前らプライドは無いんか!

そんなもんに踊らされてたまるか!
オレはそんな体制に反抗して、マクドナルドでハンバーガーを喰らい、ココイチでカレーを食ってやる!
お前らの狙いなんか、大阪から来たババチャリライダーが打ち砕いてやるのだ!

と、ならなかったのはオレも大人になったからか?
ちょっと前までのオレならば、先述の通りか、もしくはラーメンか牛丼でも食って店のトイレでウンコも流さずに横須賀を後にしていたであろう。

しかし、すっかり大人になったオレは横須賀到着と同時に横須賀ネイビーバーガー一号店である「ハニービー」にて商工会議所に仕掛けられた横浜ネイビーバーガーを喰らい、帰り際にはなんか知らんが祭りをやっていた会場の屋台で横須賀海軍カレーを喰らいました。

いくらロケンロールは体制に反発するものだとしても、いつまで横浜にいるかわからんし、横須賀なんてこの先来ることがあるかもわからんし、名物って言われるのであれば一つ騙されたと思って食ってみますか、となったわけである。


で、ネイビーバーガーはと言えば、これは美味かった。
マクドにあるクオーターパウンダーの倍の大きさ(ハーフパウンド)、パン粉や玉ねぎなどのつなぎ無しの牛肉100%のパティ。バンズも切った面をカリカリに焼いてある。
玉ねぎ、レタス、トマトと具材はシンプルで、テーブルに置いてあるケチャップ、マスタード、胡椒などを自分で好きなように掛けやがれというアメリカンスタイル。
店の外まで肉を焼く、いわば焼肉屋のような匂いが溢れ出ており、否応なく期待が膨らむがそれは裏切られることはなかった。

ただ、100%満足かと言えばさにあらず。
完全アメリカンな店の雰囲気に全く合っていない日本人のおばはん店員はぶっきらぼうな上に、入ってきた客を誘導しようともしないから、テイクアウト待ちの客とイートインの客が混在してグチャグチャになってしまっている。
何やねんおばはん、なんとかせーや?と思いながら食ったハンバーガーは美味いのだがこれがまた高い。
他の店はもっと高いみたいだが、安めのここでもハンバーガー一つで¥880!
たかだか昼飯なのにビールと合わせ¥1580もした!

次にカレーはといえば、これは最悪であった。
味はボンカレー並み、見た目は夏祭りの盆踊り会場でPTAが作っているカレーみたいであった。
写真も撮ったが、なんだかなぁの感じなのでやめておこう

PA0_0024.JPGPA0_0025.JPG
posted by カルロスケンジ at 00:03| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

枝豆系

変に色気出して、ダイエットしてやろうとスポーツなんかして、息を荒くしたら余計な酸素使ってしまうだけでなく余計な二酸化炭素を排出してしまう。
なので、地球のことを考え、なるべく環境に負担をかけないように生きていこうってことで、今オレはそろそろと老人のように静かに生きている。
無駄に走ったりはしないし、歩いたり動くことも必要以上にしないようにしている。
肉食系や草食系などという言葉が流行っているが、そんなレベルにも至らない、いわば虫けら系や深海魚系の生活を実行してやろうかと画策しているわけだ。


しかしいくら地球のことを考えているとは言っても、これでは所詮受け身の生き方でしかなく、自発的に地球のためになっているわけではない。
大体、何のために生きているのか分からないようなオレのような人間は、そもそも生きているだけで地球の負担になっているわけで、生きていたいと考え、その上地球のことを考えるならば、何らかの貢献をせねばならない。

となると、生きていくうえでしょうがなく排出してしまう二酸化炭素を気にするよりも、うりゃ酸素を生み出すべと考えたオレが今実行しているのが、枝豆の栽培である。

なんで枝豆?
というのは愚問だ。
たまたま立ち寄ったドンキホーテで枝豆栽培キットが売っていた、ただそれだけである。

しかし、この枝豆が予想をはるかに超える活躍をしているのである。
予想をはるかに超える酸素を生み出しているとか、そんなことは測るすべもないが、ひとつ言えるのは異常なほど育つのである。

種、というか豆を土に植えた翌日には芽が出て、一週間を過ぎた頃にはキットについていた鉢がせまくなり、仕方がないと深夜の百均でオレなにやってんやろ?と虚しくなりながら植木鉢、土、支柱などを買い込み、そんな困難を乗り越えて三週間を迎える今もその支柱も役不足になるかという勢いで成長を続けているのである。

横浜に居を移し2ケ月半を迎えても一向にダメダメなオレをあざ笑うかのように、三週間ですっかり偉そうになりやがった枝豆の写真をご覧あれ。


PA0_0023.JPG

PA0_0022.JPG
posted by カルロスケンジ at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

チーズチャーハン

こりゃ、簡単で美味い!ってことでカルロスオリジナルの
チーズチャーハンの作り方をお知らせいたします。


@まずチャーハンを作ります。



っておい、その作り方を教えんかい!と突っ込みを入れている貴方、
突っ込みはもっともですが、実はここはどーでもいいんです。
まあ、一応写真のやつについて説明しておくと、
具はミンチ、玉ねぎ、玉子、カイワレ、レタス、
味付けは塩コショウ、酢、しょうゆ、マヨネーズ、青のりなどで適当に作ります。

でも何度も言いますが、ここまでは実はどーでもよくて、冷凍チャーハンそのままでも問題ありませんです。


Aできたチャーハンを半分程度、皿に薄く敷きます。
その上に細切りのとろけるチーズを敷きます。
残りのチャーハンをその上にドカッと載せて完成!


チャーハンの熱でチーズが溶けて美味いよ〜


PA0_0056.JPG
posted by カルロスケンジ at 20:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

空を飛ぶ

なんで、あんな鉄の塊が空を飛ぶの?
意味判らんねんけど。

ん?何がって?
飛行機ですよ!
あんなデッカイもんが当たり前のように空を飛ぶって、オレには理解できん。認めん。
せめて鳥のようにバタバタってしてくれたらまだ何となくわかるんやけど・・・

理解できん、認められんとは言え、奴が空を飛びまくっているのは事実で、何だかんだ言いつつも認めざるを得ないとは言え、そんな理解できんもんが信用できるはずもなく、オレは率直に言って飛行機は嫌いだ。

もっとストレートに言うと、飛行機は怖い。
飛行機に乗るのは怖い。出来れば乗りたくない。

そんな感じでこれまでは出来うる限り飛行機は避けて、新幹線や在来線の特急などに乗って、JRに絶大な貢献をしてきたのだが、新しい職場、新しい担当のお客さんに富山って曲者エリアがあるのですね。
大阪の時も富山に行くことはあったのだが、大阪から富山ってのは飛行機がないので、「時間は掛るがしょうがなく」って理由でサンダーバードで呑気に駅弁なんか食って行けたのだが、横浜からだとご丁寧にANAが飛行機を飛ばしてくれるものだから飛行機で行かなあかん事態になってしまっている。
電車で富山に向かった日には日が暮れてしまうし。


今日、飛行機に乗って富山往復してきたのだが、やっぱり怖かった。
着陸の時なんか、神様仏様状態やで。まじで
宙に浮いてえらいスピードでオラオラってかっ飛ばしてる割にガタガタ揺れるし。

なんで、あんなに沢山人乗せた鉄の塊が空飛ぶねん?
理解できん。認めん。

命に別条がなくて良かった、生きているって素晴らしいって今飲んでいる酒は格別にうまい。
posted by カルロスケンジ at 00:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。