2009年07月26日

おっさんの皮を被った狼

自慢の脚でもってしてもババチャリで行けるところなんてたかが知れている。
鎌倉行っただの、横須賀行っただの、自分でも何でこんな事やっているのだろうと考え込んでしまうような所まで行ったが、あまり楽しいものではなかった。
スピードが出ないから、ちょっと遠出をするとすぐに時間切れ、引き返そうとなってしまうのだ。

また、ロードレーサーなどに乗った奴らにボコボコ抜かれるのが悔しくて仕方がない。
どっちかというと、争いごとからはなるべく避けて通りたいほうで負けず嫌いでは決してないが、昔ロードレーサーに乗っていて、その時には草レースだが表彰台に何度も上ったことがある身からすると、全く抵抗もできぬまま奴らの背中を見送ることになった日は、悔し涙と鼻水、よだれで枕を濡らしていたのだ。

だが、もうそんな悔しい思いともおさらばである。
新しいマシーンを手に入れたのだ。
いや、中古ヤフオクだから古いマシーンを手に入れたのだ。
そんなことはどうでも良いか。

ロードレーサーに奴らを見返すためにロードレーサーを買ったのかと言えば、さにあらず。
買ったのはマウンテンバイクだがタイヤはスリックという、いわば街乗り用のお手軽マウンテンバイクというもので、見る人が見れば全然速そうには見えない代物である。
見る人からすれば、雰囲気だけそれなりのチャラチャラマシーンかもしれない。
白に青いロゴが爽やかなカラーリングなのだが、ボトルゲージや鍵、グリップなどを青に統一することによりミーハー度が倍増し、さらにチャラチャラ度は増したといえる。

PA0_0035.JPG

今日、約30km程試乗してきたが、確かに遅い。
ギア比がマウンテンのそれなので非常に低い。
一番重い(速い)ギアに入れても、平坦路で巡航速度は35km/hほどだ。
その上車体も重めだし、バーハンドルだし。

でもそれで良いのだ。
これから改造をこまします。
そして羊の皮を被った狼と化すのどす。

速そうなマシーンでふつうに速いよりも遅そうなのに結構速いってのがかっこえーんちゃうん?と言うのが僕の美学、っちゅうか狙いである。
そのうち、ロードレーサーをかもるチャラチャラマウンテンのおっさんとして横浜で伝説になるであろう。
posted by カルロスケンジ at 18:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄な一日の過ごし方

金曜日に久しぶりに飲みに行った。
ついつい終電を乗り過ごし、もう一軒ということになり、
終夜営業の居酒屋へ。
5人で行ったのだが、一人また一人と傾眠状態へと落ちていき、
最後の一人が落ち、一人で飲んでいてもつまらないし、
もうお腹いっぱいだったので帰ることとしたのが4:30。

若干時間をつぶし、駅が開くのを待ちホームへ。
電車が来るまでの数分間ベンチに座ったのが運のつき。
大方の予想通りベンチで居眠りをこいてしまい、
電車に乗り込んだのは30分後。
たった13分で着く最寄り駅なのに、地下鉄をおよそ2往復もしてしまい、
家にたどり着いたのは陽もすっかり高くなり爽やかな10時前であった。
最後寝過さずに地下鉄を降りることができたのは、
人々が動き出してくれたおかげで、電車が混み座れなくなったからだ。
活動的な皆様に感謝!

土曜日は途中で一度起きて昼飯を食った以外には
夕方まで惰眠をむさぼり、無駄な一日を過ごした。

まあ、無駄じゃない日のほうが少ないっちゃあ少ないんやけどね。
posted by カルロスケンジ at 11:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

殺人どんぶり

TVチャンピオン大盛り選手権(?)のチャンピオンらしい。
千葉は野田の「やよい食堂」
店内に芸能人の写真が貼ってあるが、石塚、内山君、長州小力などそっち系の人が中心である、
そういう店だ。

外観はどこにでもある、潰れかけの大衆食堂。
ガラスケースのロウで出来た見本が大変な哀愁を漂わせているような、
普通の一見さんはまず入らないであろう店構えだ。



同僚の勧めもあり、本日仕事で近くまで行ったのでどんなもんかいのぉと寄ってみた。

若いころならまだしも、もうそんな大量は食えんし、大盛りはいらんわ、並でえーわと
天丼並(¥750)を注文。

大盛りはご飯がさらに5cmほど高く盛られているようだが、しかし並でも充分すぎるボリュームだ。
蓋もついていたのだが、すでに蓋ではない。帽子のようである。
いざ食ってみるに、こぼさずに食うことは困難である。喰い難いことこの上ない。

写真の通りどでかい天麩羅が乗っているのだが、この中身は実はエビが二尾のみ。
周りはいわゆる衣だ。
減量中のボクサーなどは衣をはずして喰うというが、彼らにしてみれば喰うところはほとんどないであろう。

こんなに漬物、味噌汁がありがたいと思ったことはない。
衣だらけのエビ天、超大盛りのご飯に中途から完全に飽きてしまい、箸休めとしてこれらの存在が
非常にでかくなる。

CA3A0049.JPG


商談(仕事)は昼までに終了、ここで飯食って、あとは帰るだけと油断していたのだが、
食い始めたところに電話が掛かり、もう一度戻ってきてほしいと。

しかたなく戻ったは良いけど、我が血液は完全に天丼を消化するため、胃に集中し
頭に全く血が回っていないようで眠いことこの上ない。
ってか、うつらうつらしながらの午後の部であった。

も一つ言うと、食後12時間近く経過したがいまだに胸やけが収まらない。
posted by カルロスケンジ at 01:40| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

突撃!我が家の晩御飯!

今日の晩飯。

PA0_0091.JPG

白身魚のフライ。
カレー味スパサラ。
オクラと山芋のあえ物。

ローソンストア100(いわゆるバリューローソン)の惣菜なので全点@¥100である。
しかも買ったのが夜遅かったので全て¥50引きになっており、しめて¥150の晩飯である。


4ヶ月前に一人暮らしを始めて以来、当初はどこどこでこんな安い食材を買ったとか、
こんな飯を作ったとか、そんなことを自慢げに何度となく書いてきよったが、やはり長続きはせんかったか。
なんだかんだ言っても飽きっぽいあいつのことやし、自炊なんかいつまでも続くわけないよな。やっぱり。
でも、あいつもここまでよく頑張った!

とお褒めの言葉ありがとうございます。




でも違うのだ、実は。
こういう惣菜で済ませる夕飯というのは、実はこの4ヶ月で初めてなのだ。

この4ヶ月間、野菜、肉、魚などどの店が安いか調べ倒し、週末にはそこでまとめ買い、
1週間を買い込んだ食材でやりくりするという、そこら辺の下手な主婦よりも主婦的な生活を
送って参りました。
しかし、この週末は大阪に帰っていたので買出しが出来ず、仕方なく今日は何食うべか?と
寄ったバリューローソンで見掛けたのが上記のものだったのである。

こりゃえーかも。揚げ物は家では出来んし、何よりも安い!
と、何を今更の発見をしたのでした。

このまま自炊生活は破綻し、そこらの男、おっさんと同じような惣菜、弁当、定食屋ライフに陥ってしまうか、
これまでのリアル主婦的な自炊生活に戻るかはまだ判らんが、選択肢が増えたのは確か。

横浜ライフは更に充実していくのであった。

PA0_0087.JPGPA0_0071.JPG
これらはリアル主婦的な自炊晩飯
posted by カルロスケンジ at 23:12| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。