2010年06月28日

一作

いきなりだが、マイフェイバリッドラーメンが二つある。
一つ目は天一こと天下一品。
言わずと知れた超こってりのラーメンだ。
鶏と野菜を巨大な圧力釜で原形を留めなくなるまで煮込む、
本当のこってりラーメンだ。
油を沢山投入してこってりなどと銘打っている輩とは全然違う。

もう一つのフェイバリッドは一作。
天一と比べると認知度は落ちるが、
実は天一と同様の作り方をする、天一に負けないほどのコッテリギトギトラーメンだ。
こってりさで言うと、どっちかというと天一に輪をかける。
天一はこってりながらも意外とマイルド、などと形容されるが、
一作にはそんな表現は当てはまらない。尖がっている。
割と甘さもあるのだが、そいつはマイルドさには寄与しておらず、
甘さも尖がっていたりする。

天一は今や全国区であり、箱根の関の更に東に住まう私でも
好きな時に食らう事が出来るが、一作は大阪に二店舗あるだけの
マイナー店であり、なかなか喰らう事もままならん。

しかし、週末に帰阪した折、約一年ぶりの一作にありつくことが出来、
今、何だかとってもハッピーな気分である。
デンマーク戦に勝利した瞬間に続き、最近はハッピー連続である。
そんなハッピー気分に便乗し、ここいらでマイナーな一作をメジャーにすべく、
ちょいと一作の紹介でもしてやろうかと思う。


一作は先に述べた通り、天一に通じるコッテリギトギトを一番の売りにしている。
そんな超個性店だけに虫唾が走るほど嫌いな人もおり、
そんな人が無理やり連れてこられた時のためのスケープゴートとして
何の特徴もないあっさりラーメンが用意されているのも、天一と同じである。
だからと言って、不用意にあっさりなどとオーダーしてしまうと
店中から蔑みの視線の集中砲火に遭うのも、こりゃまた同じである。

一作が天一と一番違う点は、客の自由度が確保されている点である。
天一の場合、運ばれてきたラーメンに対して客がカスタマイズ出来るのは、
要はテーブルの上に置いてある無料トッピングについてだが、
胡椒、ラーメンだれ、辛子味噌だけ。
一方、ここ一作では前述のものに加え、
ネギ、すり胡麻、刻み生姜、辛子にんにくが用意されている。

おまちとばかり運ばれてきたラーメンは、なんじゃこりゃと叫びたくなるような
素っ気ないという表現以下のいかにも美味くなさそうなものだが、
CA390691.JPG
ここに親の敵のごとくネギを投入、すり胡麻を腱鞘炎になるばかりすり入れる。
CA390692.JPG
そしてその日のスープの腑抜け具合に応じ、ラーメンだれをぶちかまし、
CA390693.JPG
最後に辛子味噌もしくは辛子ニンニクを投入、かき混ぜることで漸く完成(写真3)。

そして一心不乱にかっ喰らう。
うーん、至福の時。。。
posted by カルロスケンジ at 23:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。