2011年02月27日

浅草

箱根の関の東は横浜へ引越して、もうすぐ2年になるに関わらず、
出不精が災いして近所以外へのお出かけなんかはろくにしてなかったが、
こんな事じゃあかんのじゃないかと何となく思い始めた昨今。
年末に靖国神社へ行ったのに引き続き、
今日はお上りさんとして、お上りさん人気NO.1と思われる浅草に行ってみた。

とりあえずは雷門から仲見世通り、浅草寺、浅草神社と通り一遍の観光をしてみた。
まあ、凄い人でございましたよ。
老若男女日本人中国人欧米人白人黒人なんでもあれで、完全に人種の坩堝と化してたね。

人ごみの嫌いなカルロスは早々にここを脱出、花やしき方向へ足を運ぶと
アキバっぽいコスプレの集団に遭遇。
かと思えば、獅子舞にも遭遇。
猿回しにも遭遇。
一人でもなんか楽しい。

場外馬券売り場なんかもあるせいか、この辺りは大阪は新世界なんかと同様の雰囲気を醸し出しており、非常に心が安らぐ。
ついつい、ダメダメ感を目一杯醸し出している飲み屋に入りランチ代わりの昼酒。
真昼間からでかい声出して泥酔気味のオヤジ連れや、馬券握りしめてテレビの競馬中継見て一喜一憂しているオヤジが中心のような客層に関わらず、筋煮込み、焼きトン3本、熱燗2合で¥1850は大阪では半年ももたんくらいのハイプライスだが、この辺が東京なんやろうな。

まあ、旨かったからえっかーと店を出たところで、キャッチに捕まり、話を聴いてみると若手お笑いのライブだと言う。
酒が入り気持ちが良くなった上に、¥500とこりゃ安いやんとついつい薄暗く狭い箱(浅草リトルシアター)に連れて行かれる。

チェルシー、こぐれ、あずう

こいつら面白かったよ。
いつか売れた時には、ほらオレの言った通りやろ
と言いたいので、一応書いておこう、ははは。

その後、行列ができていた浅草めんちというメンチカツ(旨い!ちぃ散歩にも出たらしい。)を喰らい、そこから少し腹ごなしを兼ねスカイツリーまで歩く。
浅草からでも充分でかく見えるのだが、ふもとまで行くと流石にド迫力だ。
東京タワーなんかは末広がりで見た目の安定感があるが、こいつは何か不安定やなぁと思っていたが、近くまで行くとこれ以上末広がりにすると、邪魔で仕方がないってくらいデカイ。
通天閣の6倍はええとしても世界一の高さってのは半端じゃないね。
高所恐怖症のオレとしては開業しても上る事はないと思うけど。

それなりに充実していた休日でしたよ。
posted by カルロスケンジ at 01:04| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187957631

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。